表現する編み物へ!


by am-tm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファイバーあるいはテキスタイル    Fiber or Textile

最近、ポチッとボタンを押しただけの友達(英語圏)が、メールをくれた。
気さくに _“ファイバー”と“ファブリック”と“テキスタイル”の違いについて 教えてほしいの、
その違いが混乱してしまって・・・_

なんで、わたしに聞くの_と思いつつ、
ネットで調べたほうがいいと思うよ、わたしが見つけたら、連絡する・・・ということに。

確かに、わかったような、わからない言葉なので、ちょっと、調べることにしました。

*Fiber art

ファイバーアート・ファイバーワーク
染織とは近年まで実用的なもの、もしくは壁面を飾るなどの修飾的なものでしたが、現代になるとそれらにはとらわれず、ひとつの芸術として捉えられるようになってきました。それがファイバーアートです。それまでもタペストリーなどに描かれた模様は絵画性があり、美術性の高いものでしたが、より積極的に繊維が持つ特徴を生かし、立体感、色合い、繊維の風合いまでもアーティスティックに表現し始めたのです。現在では平面的に織るという常識さえ超えた、空間的造形作品も現れています。これらを含め、素材という限界の中で自由に表現する、現代の染織技術をファイバーワークと称し、染織の新たな可能性を切り開いています。

*Textile

*Fabric

ファブリック
広義では、織物、編み物、不織布、狭義では、織物をいう。
織り、編み、フェルト、レースで作られた布地や原料の繊維の総称。
キャンパス生地:
亜麻糸、綿糸、絹糸あるいは、それらの混織で、丈夫な厚手の粗布のこと。

クロスやカーテンに多く使用される。

テキスタイル
テキスタイルとは、織る、編むの織物や布地を意味し、繊維製品
 全般のことをいう。また、織物の模様のデザイン・意匠のことを
 テキスタイル・デザイン [textile design] という。

という長い前置きの後で、自分なり理解すると・・・

‘ファイバーワーク’は一言でいうと染織技術、最近では壁面装飾を超えた糸、ロープなどを使って立体的、彫刻的なファイバーアートをイメージすることができます。

‘ファブリック’はどちらかというとインテリアに使われている織物、編み物、フェルト、レースで、‘テキスタイル’はファッションも含めて、繊維全般を指しているのだそう。

ウィキぺディアでは“ファブリック”はあいまいな言葉としていて“テキスタイル素材”としています。

テキスタイル はラテン語(textilis)から派生していて、ファブリックは中世フランスで生まれた言葉(fabrique)で、ラテン語(faber)のファイバーに由来しているそうです・・・となると・・・

混乱して当然・・・それぞれにアートという言葉がつくと、作者の分類に従うしかない。^^

では・・・

毛糸をかせのまま、色をオリジナルのグラデーションで積み上げたりすると、ファイバーワークあるいは、ファイバーアート・・・

毛糸を編んで(またはフェルト化させて)壁面装飾にすると、ファブリックアート、

いろいろな、模様の編地を展開するとテキスタイル・デザイン・・・かな?^^

_For example..._

_If I piled up lots skein of yarns colored original gradation…as art… Fiber art.
If I knitted and crocheted (or added felting…) a tapestry…Fabric art, and If I developed various patterns of knitting and crochet…Textile design_^^v
[PR]
by am-tm | 2014-01-30 10:25 | method | Comments(0)